『たまこまーけっと』(Tamako Market)は、『たまこま』と愛称される日本のテレビアニメである。
とある街にある「うさぎ山商店街」。そのもち屋の娘である主人公の北白川たまこは、商店街の人々に愛され、感謝しながら毎日幸せな日々を送っていた。大みそかが間近に迫った年末に彼女は、言葉を話す鳥と出会い、そこから、いつもより少し不思議な生活が始まる。
北白川たまこは高校生で、バトン部に所属している。もちを模したアクセサリーと寝ぐせが特徴。 左首筋にある「ほくろ」は、うっかり忘れられがちだが、大事なポイントである。 普段はコンタクトレンズをしているが、眼鏡をかけているときもある。